杉浦淳吉の環境行動研究室>杉浦淳吉研究会
2017/12/12 update

杉浦ゼミ
~ゲーミング・シミュレーションによる社会心理現象の理解と課題解決~

杉浦淳吉

慶應義塾大学文学部社会学専攻の杉浦ゼミのページです。


お知らせ

入ゼミ案内2018

ゲーミング紹介


卒業論文題目

3期生(2017年卒)

利用対象への否定的情報に対する反応の研究

マイノリティの影響力 ―「THE THIRD KIND」の制作と 対マジョリティへのアプローチ方法の発見―

隠れた非言語の力~協力行動における効果的な方法を探る~

極限状態の社会心理学―オリジナルゲーム「THE THIRD KIND」にみる極限的外的要因がもたらす個人の価値観変容―

公的扶助と不公平感

「同調」はなぜ起こるのか―「集団内の関係性」と「同調の起こりやすさ」の関係性―

返報性の抜け道

「The Third Kind」の制作—「オリジナルゲーミング設計」と 「あなたと私の異文化理解」—

自文化と異文化の間の選択と価値観の段階的変化

属性による環境意識、環境配慮行動の特徴―性別、年代、地域の観点からー

2期生(2016年卒)

異なる価値観との接触への対応―ナマハゲ行事保護の事例―

集団の有能感が集団競技のモチベーションに及ぼす影響―二つの異なる集団の比較―

競争関係で見られる援助行動の要因―商用ゲームプレイ中の言動の観察―

スタジアムにおけるごみ問題の解決に向けて-廃棄物ゲームの応用と実践-

嘘から見る効果的な説得 ~ブラフゲーム「BUGLOSS」の開発と実践~

『省エネ行動のすすめ方読本』作成にみる環境教育

感性のタイプによる印象管理―円滑なコミュニケーションの経験学習

「縁の下の力持ち行動」はなぜ起こるか~利己・利他及び集団の規模と関連づけて*

惰性的な消費者行動-様々な個人特性の観点から-*

金銭的報酬無き集団で成果を出す方法―内発的動機づけ毎に適切な外発的動機づけについて―*

*2017年卒

1期生(2015年卒)

ほめ上手養成ゲーム“Homerry”の制作

リスクと不確実性を伴った意思決定のプロセスについて―「ダイヤモンド」の世界での行動と現象―

公正を阻むもの―マイノリティを含む集団内での言動の観察から― 

「説得納得ゲーム」における説得技法の有用性の考察

Facebookの“いいね!”に関する傾向分析研究―ユーザーは何故“いいね!”をするのか―

学生アルバイトに対して高い成果をあげるために―「優しい」リーダーは効果的なのか―

多様性理解と認識形成による迷惑行為抑止可能性―迷惑行為対策としての討論型ゲーミングの検討―

動機づけにおける金銭報酬の功罪 ―健康ポーカーと金銭ポーカーの比較検討―

国の発展にともなう人々の心の葛藤―ゲーミングシュミレーションを通して探る―

組織間における協力行動について―省エネルギー行動推進に向けて―
※卒業論文題目一覧には,在籍延長のゼミ生のものを含む。

過去のお知らせ

   入ゼミ案内2017 入ゼミ案内2016 入ゼミ案内2015 入ゼミ案内2014 入ゼミ案内2013